So-net無料ブログ作成

タバコは店頭で買いましょう [嗜好品(喫煙関係)]

 5月1日をもってあの忌々しいTaspo(タスポ)が実施されるようになった。

11423043.jpg

何度も書いてきたが、たかだかタバコを自動販売機で買うために一体どうして一法人に個人情報をさらさなければならないのか。

 目にする限り、全ての自動販売機はカードの読み取りをさせずにお金を投入すると無愛想に金を返却口に戻してきて操作を受け付けない。擬人化すればこれは商売をする気がない奴ということになる。薬局で劇薬を買うときでさえ三文判一つとノートに自分の名前を書き込むだけで済むのにたかがタバコくらいで一体何を大袈裟な・・・、と、いささか鼻白む思い。

 「自動販売機を使用させてやるぞ免許」と、私はこの制度を適当に名付けることにした。何度も書くが余り愉快なものではない。そう思うのは特段私一人というわけでもなさそうだ。実際、コンビニなどに行くと気のせいか店頭でタバコを買う人が先月よりも少し増えたように見える。

 結局、タスポなどという制度は自動販売機の製造業者が儲かっただけでタバコの販売店にしてみれば大して意味のない投資をさせられたに過ぎなかったのではないだろうか。大体、自動販売機などというのは年がら年中気軽に利用できるところだけが唯一の取り柄なわけで、 販売の停止時間は設けるわ購入者の本人確認で使用者を選別するわでは商売として殆ど自殺行為みたいなものだ。喫煙者というのはよほどJTに高をくくられている存在らしいが人をなめるのも大概にしておけと言いたい。一体何が悲しくて保護が確約されているわけでもない個人情報をさらしてまで自動販売機でタバコを買わなければならないか。

 これから私はタバコは近くのコンビニでカートン買いすることにした。カートン買いには一つメリットがあって使い捨てライターを一個おまけでくれる。ほんとうは自宅近くの無気力な某商店を利用したいのだがここは本当にやる気のない店で正午近くなってもシャッターは降りたままで裏の家庭菜園で野菜の種まきに余念がない。 80歳近い先代の奥さんは軍人恩給の受給者なのだが余程沢山もらえるのだろうかなどと余計な勘ぐりが働いたりもする。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。